素人でもできる投資マンション運営法|効果的に収益UP

お金

家賃債務保証のメリット

婦人

賃貸住宅を借りるに当たって賃貸借契約を締結する場合、物件の賃借人は物件の賃貸人である大家に家賃を支払う義務を負います。万一、賃借人が事故や病気にかかる等、何らかの理由で家賃を支払うことができなくなった場合に、家賃を立て替え払いするのが賃貸保証サービスです。この保証をするのが賃貸保証会社です。賃借人は、賃貸借契約の締結と同時に、賃貸保証会社に賃貸保証委託を申し込み、与信判断など必要な審査を受けます。審査に通った場合は、保証委託料を支払うことで、賃貸保証契約が成立します。これにより、万一家賃を滞納した場合は、賃貸保証会社が大家に家賃の立て替え払い、いわゆる代位弁済を行い、賃借人に家賃に相当する金額を求償することになります。

賃貸保証会社が必要とされる理由としては、高齢化という日本の社会の変容があります。元来、賃貸借契約を締結するに当たっては、連帯保証人が求められていましたが、定年退職した親は給与所得がありませんので、連帯保証人に立てることができません。連帯保証人を依頼するにしても、民法上の連帯保証債務の引き受けを親戚以外にお願いすることも難しくなっています。連帯保証人を探すことが難しいということです。また、賃貸人である大家の側からすれば、万一家賃の滞納があった場合、連帯保証人に家賃を代位請求する権利はありますが、現実には請求などスムーズにいかない場合もあります。賃貸保証会社と保証契約を締結すれば、家賃の滞納を心配する必要はなくなります。賃借人、賃貸人双方にメリットがありますので、賃貸保証会社に対する需要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加